そもそもiDeCoとNISAってなに?
税制優遇のメリット大!
老後の資産形成にぴったり

iDeCo(イデコ)とは

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、公的年金に上乗せして老後の資金づくりができる年金制度です。毎月の掛金を決め、自分で選んだ商品でつみたてを行い運用をしていきます。受け取りは原則60歳以降で、年金または一時金を選択して受け取ります。

大きなメリットは、つみたてた金額を全額所得控除でき、所得税や住民税の負担を軽減できることです。将来に向けて資産形成をしながら、税負担も抑えられる制度です。また、運用で得た利益には、通常20.315%が課税されますが、iDeCoではその税金もかかりません。受取時には、各種控除の対象にもなります。

自由度が高く、
一生付き合える非課税制度

NISA(ニーサ)とは

NISA(少額投資非課税制度)は、投資で得た売却益、配当金、分配金にかかる税金がゼロになる制度です。株式や投資信託等に年間360万円まで投資でき、生涯では合計1,800万円の投資枠を利用できます。

保有商品は売却して自由に引き出すことができるため、使い勝手がよく、さまざまなライフイベントに向けて計画的な利用もできます。商品を売却すれば、一度利用した投資枠が翌年に復活し、生涯を通じて資産形成に活用できることもメリットです。

iDeCoとNISAの比較

  • どんな制度?

    iDeCo
    公的年金に上乗せして老後の資金づくりができる年金制度
    NISA
    投資で得た売却益、配当金、分配金にかかる税金がゼロになる制度
  • 利用できる方

    iDeCo
    20歳以上65歳未満の方
    (国民年金被保険者の方)
    NISA
    18歳以上の方
  • いくらからできる?

    iDeCo
    5,000円から
    NISA
    100円から
  • 年間の投資上限額

    iDeCo
    14万4,000円~81万6,000円
    (職業等によって異なる)
    NISA
    360万円
    (つみたて投資枠:120万円、成長投資枠:240万円)
  • いつから引き出せる?

    iDeCo
    60歳~75歳までの任意のタイミング
    NISA
    いつでも売却して引き出せる
  • 税制メリットは?

    iDeCo
    掛金の所得控除、運用益が非課税、
    受取時も各種控除の対象
    NISA
    運用益が非課税

iDeCoとNISAの使い分け

iDeCoとNISAは、どちらも税負担を軽減しながら資産形成ができる制度のため、余裕があれば、両方活用することをおすすめします。
まずはどちらか1つを利用する場合には、目的に応じて使い分けましょう。

下記は、iDeCoとNISAの使い分けの一例です。

iDeCo

  • 老後の資金づくりがしたい

  • 所得控除で税金を抑えたい

  • 長期間引き出さず運用したい

NISA

  • 資産形成を始めたい

  • 教育資金などを準備したい

  • まとまったお金を運用したい

iDeCoの申込みをする

ただいま臨時メンテナンス中のため、申込受付を停止しております。メンテナンスの完了・サービス再開の日時については追ってお知らせします