株式投資をやってみる
株式投資のコツ
株式投資をやってみる
株式投資のコツ

株式投資において大切なことは?

株式は安く買って高く売る。これができれば苦労しません。ここでは株式投資を行う上で必要となる「長期・分散・積立」について説明していきます。

長期投資ってどういうこと?

長期投資とは文字通り、じっくりと資産形成するために長期にわたって金融商品を保有し続ける投資方法です。株式のような金融商品は短期的に大きく変動することもありますが、長く保有すれば、そのような振れ幅が小さくなり、安定した収益を得ることが期待できます。

  • 日経平均株価配当込み指数より作成
  • 上記のデータ・分析等は過去の一定期間の実績に基づくものであり、将来の投資成果および市場環境の変動などを保証もしくは予想するものではありません。

分散投資ってどういうこと?

分散投資は、投資先や購入する時期を分散させることで、価格の変動を抑え、安定したリターンを狙う投資方法です。分散の仕方には、以下の3つの方法があります。

分散投資の例


                 特性の異なる複数の資産を組み合わせる


                  複数の地域や通貨を組み合わせる


                  価格が高いときに少なく購入 価格が安いときに多く購入

  • ① 資産の分散・・・株式、債券、不動産など特徴が異なる商品を組み合わせること。
  • ② 地域の分散・・・日本と国外、あるいは国外でも先進国(米国、ユーロ圏など)と新興国(東南アジア、南米など)のように、異なる 複数の地域や通貨の金融商品を組み合わせること。
  • ③ 時間の分散・・・1回のタイミングでまとめて購入するのではなく、積立投資のように複数のタイミングで購入すること。

アプリのポートフォリオで株式の保有状況が確認できます。

積立投資ってどういうこと?

積立投資とは、自分が決めたタイミング・金額で定期的に金融商品を購入する投資方法です。積立投資には、定量購入する方法と、定額購入する方法があります。特に、定額で購入する方法は「ドル・コスト平均法」といって、「長期・分散・積立投資」を実践するうえで大切なこととなります。

ドル・コスト平均法とは?

値上がり・値下がりする株式の購入単価を下げるために定期的に一定金額ずつ買い付ける方法です。購入時期を分散することで価格変動リスクを低減させる効果があります。定期的に一定額を投資すると、株価が安いときは多く、株価が高いときは少ない株数を購入することになり、結果として1株当たりの購入価格は平均化されます。

  • ドル・コスト平均法によって投資収益が確実になるものではなく、場合によっては損失を被る可能性があります。

ドル・コスト平均法を実践してみよう

つみたてロボ貯蓄というアプリがあり米国株の定額積立が行えます。金額指定で株式を買えるPayPay証券ならではです。

1銘柄あたり1,000円から投資でき、自分に合ったスケジュールを設定したら、あとはアプリが自動で積立。もちろん途中での停止や再開、売却も自由です。
※画像はイメージです。