ポイント運用で学ぶ疑似投資体験
投資信託をやってみる
ポイント運用で学ぶ疑似投資体験
投資信託をやってみる

PayPayポイント運用 各コースの”値動き”はどこでチェック?

PayPayポイント運用の3コースは、365日24時間取引でき、価格が変動します。3コース(テクノロジーコース/スタンダードコース/チャレンジコース)の値動きは下記で確認する事が可能です。
※メンテナンス時などを除く

1日/1月/1年などに期間を変更して値動きを確認する事ができ、ETFに組入れられている上位銘柄を確認する事ができます。 1日/1月/1年などに期間を変更して値動きを確認する事ができ、ETFに組入れられている上位銘柄を確認する事ができます。
テクノロジーコース(QQQ) スタンダードコース(SPY) チャレンジコース(SPXL)
Bloomberg 値動きをチェック 値動きをチェック 値動きをチェック

どのような運用方法がいいの?

基本的には取引価格が1番安い時にPayPayポイントを追加して、1番高い時に引き出す事が良い運用方法となります。

取引価格の変動のイメージ

取引価格の変動のイメージ

今後の値動きを予測するひとつの考え方

値動きのトレンドを予測する1つの方法として「トレンドライン」という考え方があります。
現状が「上昇トレンド / 下降トレンド」なのかを判断し、上昇トレンドなら終わるタイミングを見極め、下降トレンドであれば上に抜けるタイミングを予測する事ができます。

トレンドラインのイメージ

トレンドラインのイメージ

ひとつの仮説 ひとつの仮説

現状は78.15ドルですが、今後56.00ドルまで変動した場合は、一気に急落する可能性がある為、その前に引き出しを行った方が良い。

PayPayポイントを追加する

PayPayアプリ内でポイントの追加が簡単にできます。

STEP1

PayPayアプリの「ポイント運用」をタップし、追加するコースを選択する。

STEP2

「ポイントを追加する」ボタンをタップし、追加額を入力し「追加する」ボタンをタップする。

「ポイントを追加する」ボタンがタップできない方へ
                              PayPayポイント残高がございません。ポイント運用は「付与されたPayPayポイントのみ追加が可能」です。「PayPayアプリの残高>内訳」をチェックして残高を確認しよう。
                              内訳の「PayPayポイント」に残金があれば追加可能

「ポイントを追加する」ボタンがタップできない方へ
                              PayPayポイント残高がございません。ポイント運用は「付与されたPayPayポイントのみ追加が可能」です。「PayPayアプリの残高>内訳」をチェックして残高を確認しよう。
                              内訳の「PayPayポイント」に残金があれば追加可能

STEP3

確認画面で「追加する」ボタンをタップして完了。

PayPayポイントを引き出す

ポイント運用からポイントの引き出しができます。

STEP1

PayPayアプリの「ポイント運用」をタップし、引き出すコースを選択する。

STEP2

「ポイントを引き出す(交換)」ボタンをタップし、引き出し額を入力し「引き出す(交換)」ボタンをタップする。

STEP3

確認画面で「引き出す(交換)」ボタンをタップして完了。

PayPayポイントの追加タイミングがPOINT

AppStoreAppstore Appstore

GooglePlayGoogleplay Googleplay